わくわく作曲先生HOME > DTM、作曲、レコーディングの豆知識 > “サビ”の由来

“サビ”の由来

難易度1★☆☆☆☆
___________



今回は「“サビ”の由来」について書いてみましょう。
 
 
 
「サビ」とは曲の「メインとなる部分、一番盛り上がる部分」のことですが、
 
なぜ「サビ」という名前になったのでしょうか?
 
ふと気になったので調べてみました。
 
 
 
 
「サビ」の語源には、2つの有名な説があります。
 
 
 
まずは松尾芭蕉の俳句説です。
 
俳句の中の最も美しい部分を「寂(サビ)」と名づけ、
 
それが現代まで引き継がれているという説です。
 
 
 
美しい部分とは言っても、
 
正確には「もの静かで落ち着いた奥ゆかしい」感じらしいので、
 
現代の曲のサビとは少し違いますね。
 
ですが由来としてはありえます。
 
 
 
もう1つはワサビ説です。
 
寿司などに使う、ワサビですね。
 
ワサビを食べると鼻に「ツーン」ときて表情が変わることから、
 
「サビ部分は変化が出る、盛り上がる」
 
となったという説です。
 
 
 
ワサビの「ピリッ」とした感じも
 
サビのイメージと合っているのかもしれません。
 
 
 
どちらの説が本当なのかは分かりませんが、面白いですね。
 
 
 
ちなみにこの2つの説からも分かるように、
 
「サビ」という呼び方は日本だけです。
 
英語では「Bridge(ブリッジ)」と呼びます。
 




その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。


購読は無料です。
今すぐご登録ください♪

メールアドレス入力欄


※メールアドレスが間違っていると届かないので、
正確にご記入ください。



こんにちは、作曲講座「わくわく作曲先生♪」の経営と講師をしているワイムです。

この7日間集中メール講座では、
作曲するなら「これだけは押さえておいてほしい」という基礎知識を
7日間でお伝えします。

Waim(ワイム)画像
4th-signal Music代表
森光美文(ワイム)




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。