わくわく作曲先生HOME > DTM、作曲、レコーディングの豆知識 > 曲の構造

曲の構造

難易度3★★★☆☆
___________



今回は「曲の構造」について書いてみます。



曲の中には、いくつかのブロックがあり、

このブロックを組み合わせて、「曲の流れ」が作られています。



「Aメロ」「Bメロ」などという言葉を聞いたことがあると思います。

これは、簡単に言うと「メロディの種類」を分類したものです。

メロディが無い曲の場合は、

「コード進行の種類」と考えても良いでしょう。



この「メロディの種類」を、アルファベット順に数えて行き、

「Aメロ」「Bメロ」などという呼び方をします。



J−POPでは、以下のような流れが多いですね。


●イントロ−Aメロ−Bメロ−Cメロ−間奏−

     −Aメロ−Bメロ−Cメロ−間奏−

     −Cメロ−Cメロ’−アウトロ



※「イントロ、間奏、アウトロ(エンディング)」は、そのまま呼びます。

 「サビ」は「Cメロ」と書いています。



あるいは、「サビ」から始まる流れもあるでしょう。

「Dメロ」を作っても良いですね。



●Cメロ−間奏−Aメロ−Bメロ−Cメロ−間奏−
 
       −Aメロ−Bメロ−Cメロ−間奏−

       −DメローCメロ−Cメロ’−アウトロ



「Bメロ」なしのパターンも多いです。


●イントロ−Aメロ−Cメロ−間奏−
 
     −Aメロ−Cメロ−間奏−

     −Dメロ−Cメロ−Cメロ’−アウトロ



他にも「間奏が無いパターン」や、

アウトロを無しにして、「Cメロ(サビ)」を繰り返しながら

フェードアウトも考えられるでしょう。



このように、いろんな組み合わせがありますね。

ですがどの流れでも、「Aメロ」「Cメロ(サビ)」は存在します。



曲の主役は「Cメロ(サビ)」です。

その主役を引き立てるために、その他のブロックが存在する、

と考えれば良いですね。



インスト(歌が無い、楽器だけの音楽)やBGMでも

考え方は同じです。



ただ、インストやBGMの場合は

もっといろんなパターンが考えられます。

「Fメロ」くらいまで作っても良いし、

組み合わせも自由です。



ですがやはり、「サビ」に相当する部分は、

適度に登場させた方が良いでしょう。



あくまでも、主役は「サビ」、

その主役を引き立てるために、その他のブロックが存在する、

という考え方は同じです。



なお、インストで「Aメロ」「Cメロ(サビ)」のような

シンプルな構成にする場合は、

そのまま繰り返すと飽きてきますよね。

(歌モノでは歌詞が変わるので、ある程度は大丈夫です)



よって、同じメロディを繰り返すとしても、

単純に繰り返すだけでなく、

音色を変えたり、他の楽器を加えたりして、

変化を付けましょう。



以上のような構造を意識して、1曲の流れを組み立てると、

メリハリがついた曲になりますよ。





その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。


購読は無料です。
今すぐご登録ください♪

メールアドレス入力欄


※メールアドレスが間違っていると届かないので、
正確にご記入ください。



こんにちは、作曲講座「わくわく作曲先生♪」の経営と講師をしているワイムです。

この7日間集中メール講座では、
作曲するなら「これだけは押さえておいてほしい」という基礎知識を
7日間でお伝えします。

Waim(ワイム)画像
4th-signal Music代表
森光美文(ワイム)




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。