わくわく作曲先生HOME > DTM、作曲、レコーディングの豆知識 > シンセサイザーで音づくりする際の基本

シンセサイザーで音づくりする際の基本

難易度2★★☆☆☆
___________



今回は「シンセで音づくりする際の基本」について書いてみます。


シンセサイザーとは、音を合成する機械です。


最近は、ソフトシンセという音源が多く使われていますが、

「すでに用意されている音色」を選んで

使うことが多いのではないでしょうか?


たまには、自分で音色を作ってみるのも

面白いですよ♪


シンセサイザーで音を作るには、まず、

音を加工できるシンセを用意する必要があります。


シンセサイザーという名前でも、

音色を選ぶだけで、加工できないシンセも有りますからね。


フリーのものであれば、「synth1」などオススメです。


シンセで音づくりをする際、

基本となるのは「VCO」「VCF」「VCA」です。


「VCO」とは、オシレーターとも呼ばれます。

音の波形や高さなど、

音色の基となる部分を作ります。


「VCF」はフィルターとも呼ばれます。

不要な帯域の音をカットします。


「ローパスフィルター」や「ハイパスフィルター」という言葉を

聞いたことがあるかもしれません。


「ローパスフィルター」とは、低音域の音を通すフィルターです。

この値を上げて行くと、高音域の音まで通すようになり、

明るい音になります。


「ハイパスフィルター」は、この逆です。

高音域の音を通すフィルターです。


最後に「VCA」です。

これはアンプとも呼ばれます。

音量変化をコントロールします。


鍵盤を押してすぐに音が鳴るようにしたり、

ゆっくり鳴り始めるようにしたり、

音量の変化を調整するものです。


こうして作った音に対して、

リバーブなどのエフェクターで飾り付けをすれば出来上がりです。


今回は概念的なことを紹介しましたが、

またいずれ、もう少し深い話を書きますね(^O^)/





その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。


購読は無料です。
今すぐご登録ください♪

メールアドレス入力欄


※メールアドレスが間違っていると届かないので、
正確にご記入ください。



こんにちは、作曲講座「わくわく作曲先生♪」の経営と講師をしているワイムです。

この7日間集中メール講座では、
作曲するなら「これだけは押さえておいてほしい」という基礎知識を
7日間でお伝えします。

Waim(ワイム)画像
4th-signal Music代表
森光美文(ワイム)




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。