わくわく作曲先生HOME > DTM、作曲、レコーディングの豆知識 > 良いミキシング環境

良いミキシング環境

難易度2★★☆☆☆
___________



今回は「良いミキシング環境」について書いてみましょう。


良いミキシングをするには、

「正しい音で聴くことができる環境」が大切です。

たとえば、「低音が強い、高音が聴こえにくい」という環境だと、

正しいミキシングができないですからね。


では、自宅でミキシング作業する時に、

気をつけるポイントを紹介しましょう。


1、スピーカー

スピーカーによって、音質は大きく異なります。

ミキシングに適したスピーカーは、

できるだけクセの無い物を使いましょう。


できれば、「モニタースピーカー」を用意したいですね。

3万円くらいあれば、

十分な機能を持ったモニタースピーカー(左右)を購入できると思います。


そして可能であれば、

複数のスピーカーでチェックしましょう。


「モニタースピーカー」があれば、正確な音で聴くことができますが、

リスナーは、モニタースピーカーを持っているとは限りません。

ラジカセやイヤホンなど、

他のスピーカーでもチェックするようにしましょう。


2、スピーカーの位置

スピーカーを置く位置によっても、音質は変わります。

位置を動かして聴き比べてみると、

音の変化を実感できると思います。


スピーカーを置く位置は、

高さ、角度、距離等を左右同じにし、

自分と左右のスピーカーとで

「正三角形(〜二等辺三角形)」を作る事が理想です。


スピーカーの高さは、

耳の位置とほぼ同じくらいにしましょう。


そして、反響が多い部屋ならば、

衣類かけなど、音を吸収するようなものを利用して、

反響を減らす工夫もしておきましょう。


3、ヘッドホン

住宅環境によっては、周りへの音(周りからの音)が気になり、

ヘッドホンだけでミキシングしている人もいると思います。


ですが、ヘッドホンだけでミキシングするのは、

あまりオススメできません。

スピーカーとヘッドホンを聴き比べてみると分かりますが、

音の定位(楽器が聴こえる位置)や、

エフェクトの聴こえ方が異なります。


基本的にはスピーカーを使ってミキシングし、

ヘッドホンは、補足的に使うようにしましょう。


ミキシングする時は、

以上のことに気を付けてみてください。

作品のクオリティが変わってくるかもしれませんよ。





その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。


購読は無料です。
今すぐご登録ください♪

メールアドレス入力欄


※メールアドレスが間違っていると届かないので、
正確にご記入ください。



こんにちは、作曲講座「わくわく作曲先生♪」の経営と講師をしているワイムです。

この7日間集中メール講座では、
作曲するなら「これだけは押さえておいてほしい」という基礎知識を
7日間でお伝えします。

Waim(ワイム)画像
4th-signal Music代表
森光美文(ワイム)




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。