わくわく作曲先生HOME > DTM、作曲、レコーディングの豆知識 > スピーカーの位置調整

スピーカーの位置調整

難易度3★★★☆☆
___________



今回は「スピーカーの位置調整」について書いてみます。


自宅でDTMを楽しんでいる方の中には、

スピーカーを使わず、ヘッドホンだけを使っている方もいると思います。

まずはスピーカーについて書く前に、

ヘッドホンとの違いについて書いておきますね。


スピーカーとヘッドホンの違いは、

主に、空気の振動にあります。


スピーカーは、スピーカーから出た音が

空気を伝わり、

その空気の振動が耳に入ってきます。


一方、ヘッドホンは、

空気を伝わらず、直接耳に届きます。


そのため、スピーカーとヘッドホンでは、

聞こえ方が変わります。

定位(楽器が鳴っている位置)も、

結構違って聞こえます。


住宅環境にもよると思いますが、

出来るだけ、スピーカーで聞くようにしたいですね。


それでは本題の「スピーカーの位置」ですが、

スピーカーを置く位置や角度によっても

聞こえ方は変わります。


まずは、左右のスピーカーの位置ですが、

もし、左右の定位が分かりにくい場合は、

左右のスピーカーを、少し離したり、

角度を広げて(真正面の方向に近づけて)みてください。


すると、左右の定位が分かりやすくなります。


やりすぎは禁物なので、

左右の定位が分かり始めたくらいで

調整を終えましょう。


次に、低音が気になる場合は、

スピーカーと(スピーカー裏の)壁との距離を調整してみてください。

壁から離すにつれて、低音がすっきりしてきます。


あとは、スピーカーの高さによっても

音の聞こえ方は変わるので、

自分好みに調整してみてください。


以上のことを試すだけでも、

聞こえ方が変わってきますよ。

是非試してみてくださいね(^◇^)ノ





その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。


購読は無料です。
今すぐご登録ください♪

メールアドレス入力欄


※メールアドレスが間違っていると届かないので、
正確にご記入ください。



こんにちは、作曲講座「わくわく作曲先生♪」の経営と講師をしているワイムです。

この7日間集中メール講座では、
作曲するなら「これだけは押さえておいてほしい」という基礎知識を
7日間でお伝えします。

Waim(ワイム)画像
4th-signal Music代表
森光美文(ワイム)




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。