わくわく作曲先生HOME > DTM、作曲、レコーディングの豆知識 > ピッチ(音程)補正の落とし穴

ピッチ(音程)補正の落とし穴

難易度3★★★☆☆
___________



今回は「ピッチ(音程)補正の落とし穴」について書いてみましょう。


ピッチ補正とは、音程を正しく直す機能です。


たとえば、ヴォーカルレコーディングをすると、

微妙に音程が外れていることがありますよね。

ピッチ補正を使えば、こういう微妙なズレを直したり、

あるいは音程を意図的に変えて、ハモリを作ることも可能です。


最近のDAWソフトは、ピッチ補正機能を

標準装備しているものが多くなりましたね。


ただ、このピッチ補正機能は便利ですが、

使い方によっては、作品をダメにしてしまう可能性があります。


一般的には、正しい音程で歌えるヴォーカルが

「うまいヴォーカル」と思われていると思います。

そのため、ピッチ補正機能を使って、

完璧に音程を補正してしまう人がいます。


ですが本当に、正しい音程で歌うことが

うまいヴォーカルと言えるのでしょうか?


もちろん、あまりにも音程が外れるのはマズイですが、

あえて音程を少しズラすという方法もあります。


微妙に高めの音程を歌うことで、

周りの音に埋もれない、抜けの良い声になります。

逆に、微妙に低めの音程を歌うことで

重みのある声になります。


また、生バンドのヴォーカルであれば、

多少は荒い音程のヴォーカルの方が似合います。


少し低い音程から始まり、正しい音程に近づくヴォーカリストや、

逆に、少し高い音程から始まり、正しい音程に近づくヴォーカリストもいますね。


ヴォーカルは生ものです。

ミキシング初心者は、ピッタリと正しい音程に補正しがちですが、

以上のような部分まで補正してしまうと、

無機質なヴォーカルになります(あえて無機質を狙う場合もありますが)


ヴォーカリストの「個性」と「抑揚」を認めたうえで、

補正する所としない所を判断しましょう。


そうすれば、ヴォーカリストの個性を活かしたミキシングが出来ますよ。


以上のことを意識して、ミキシングしてみてくださいね(^◇^)ノ






その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。


購読は無料です。
今すぐご登録ください♪

メールアドレス入力欄


※メールアドレスが間違っていると届かないので、
正確にご記入ください。



こんにちは、作曲講座「わくわく作曲先生♪」の経営と講師をしているワイムです。

この7日間集中メール講座では、
作曲するなら「これだけは押さえておいてほしい」という基礎知識を
7日間でお伝えします。

Waim(ワイム)画像
4th-signal Music代表
森光美文(ワイム)




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。