わくわく作曲先生HOME > DTM、作曲、レコーディングの豆知識 > ループを活用したドラムパートの作り方

ループを活用したドラムパートの作り方

難易度3★★★☆☆
___________



今回は「ループを活用したドラムパートの作り方」について書いてみます。



DTMでドラムパートを作るには、いろんな作り方がありますが、

僕がオススメするのは「ループ(繰り返し)」を活用する作り方です。



ドラムは基本的に、「バスドラ、スネア、ハイハット」が土台となります。

「低音=バスドラ、中音=スネア、高音=ハイハット」という役割ですね。



まずは、この3パートだけで、

1小節のリズムを作ります。



例えば、バスドラは「1拍目表、3拍目表、3拍目裏」、

スネアは「2拍目表、4拍目表」、

ハイハットは「8分音符で刻む」、

という構造です。



つまり、バスドラとスネアを組み合わせると、

「ドン、タン、ドド、タン」のようなリズムになりますね。

これに、8分音符で刻むハイハットが加わります。



1小節のリズムが出来上がったら、

これを4小節や8小節繰り返します。

こうすることで、4小節や8小節のドラムループが出来上がります。



こうして出来た8小節を、

「サビ」用のドラムループとしましょう。



次は、このループを基本とし、少し変化を付けて、

「Aメロ」や「Bメロ」用のドラムループにします。

こうすることで、バランスを大きく崩さずに、

「Aメロ」や「Bメロ」用のドラムループを作ることができます。



次は、「サビ」用のドラムループを聴きながら、

最後の小節だけ変化を付けます。

「フィルイン」や「おかず」などと呼ばれる部分を作るということですね。



「フィルイン」も、ループを聴きながら作ることで、

バランスを大きく崩さずに作ることができます。



「Aメロ」や「Bメロ」用のドラムループも、

同じ要領で「フィルイン」を作っておきましょう。



以上のように作っていけば、

バランスの良いドラムパートを作りやすいですよ。



あとは、メロディや他パートのバランスをとりながら、

微調整していきましょう。



この作り方は、とても便利なので、

是非、試してみてくださいね(^◇^)ノ





その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。


購読は無料です。
今すぐご登録ください♪

メールアドレス入力欄


※メールアドレスが間違っていると届かないので、
正確にご記入ください。



こんにちは、作曲講座「わくわく作曲先生♪」の経営と講師をしているワイムです。

この7日間集中メール講座では、
作曲するなら「これだけは押さえておいてほしい」という基礎知識を
7日間でお伝えします。

Waim(ワイム)画像
4th-signal Music代表
森光美文(ワイム)




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。