わくわく作曲先生HOME > DTM、作曲、レコーディングの豆知識 > ジャンルの表現(テクノポップ編)

ジャンルの表現(テクノポップ編)

難易度3★★★☆☆
___________



今回は「ジャンルの表現(テクノポップ編)」について書いてみましょう。



ジャンルの中で、最も特徴が出るのは

「ドラム」です。



テクノポップのドラムは、

「4つ打ち」と呼ばれるバスドラが特徴的です。

1小節の中で、4分音符を4つ

「ドン、ドン、ドン、ドン」と鳴らすバスドラですね。



このバスドラは、存在感がある、

重い音のバスドラを使うと良いでしょう。



そして、裏拍でハイハットを鳴らします。

バスドラと合わせると、

「ドン、ツッ、ドン、ツッ、ドン、ツッ、ドン、ツッ」

というリズムになりますね。



スネアを入れるならば、

軽めの音にしましょう。

スネアの代わりに、ハンドクラップもよく使われます。



次に「ベース」ですが、

音色はシンセベースを使います。

「ブリブリ」と聞こえる、存在感のあるベースを使うこともありますね。


次に「コード楽器」ですが、

これもシンセ音を使います。



白玉(全音符や2分音符)で鳴らしても良いし、

コードを刻んだり、アルペジオを弾いても良いでしょう。

これらを組み合わせることも多いですね。



最後に「飾り(うわもの)」ですが、

やはりこれもシンセ音です。

やや高音の、目立つ音色を使うことが多いですね。



効果音として、「シュワ〜ン」という風のような音も

よく使われます。



「コード楽器」は中音域、「飾り(うわもの)」は高音域というように、

役割分担させると良いですね。



そして、これらの特徴を取り入れたアレンジに、

ポップなメロディを乗せれば、

テクノポップらしくなります。



以上のように、ジャンルによって“共通点”があるので

その“共通点”をうまく取り入れて、

いろんなジャンルを表現してみてくださいね(^◇^)ノ






その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。


購読は無料です。
今すぐご登録ください♪

メールアドレス入力欄


※メールアドレスが間違っていると届かないので、
正確にご記入ください。



こんにちは、作曲講座「わくわく作曲先生♪」の経営と講師をしているワイムです。

この7日間集中メール講座では、
作曲するなら「これだけは押さえておいてほしい」という基礎知識を
7日間でお伝えします。

Waim(ワイム)画像
4th-signal Music代表
森光美文(ワイム)




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。