わくわく作曲先生HOME > 作曲87の法則 > マイナースケール

【マイナースケール】

〜メルマガ作曲講座「音楽理論編」〜


今回は前回の続きです。
 
 
前回は「メジャー・スケール」と「ナチュラルマイナー・スケール」について説明しました。
今回は「マイナースケール」についてもう少しご紹介しますね。
 
 
→こちらの図を見て下さい。
 
 
図を見ながら一緒に確認していきましょう。
 
 
 
「マイナースケール」には「ナチュラルマイナー・スケール」以外にも
「ハーモニックマイナー・スケール」、「メロディックマイナー・スケール」があります。
 
1つずつ見ていきましょう。
わかりやすいように「ラ」をベースとした「Aマイナースケール」で説明します。
キーボードの場合は実際に左手で「ラ」を押さえながら、右手で各スケールを
弾き比べてみるとわかりやすいですよ。
 
 
 
●「ナチュラルマイナー・スケール(図1)」
 
これは前回ご紹介した、一般的なマイナースケールですね。
「全、半、全、全、半、全、全」という並びになっています。
 
 
 
●「ハーモニックマイナー・スケール(図2)」
 
これは第7音をさらに半音上げたスケールです。
「全、半、全、全、半、増2度、半」という並びになっています。
 
弾いてみると、非常に特徴のある響きになっていることがわかると思います。
どっぷりとマイナーに浸っているという感じですね。
 
 
 
●「メロディックマイナー・スケール(図3)」
 
これは「ハーモニックマイナー・スケール」からさらに第6音を半音上げたスケールです。
「全、半、全、全、全、全、半」という並びになっています。
 
しかし、メロディーが上行か下行かにより変わるという特徴を持っています。
下行は「ナチュラルマイナー・スケール」そのままですね。
 
「ハーモニックマイナー・スケール」の特徴を生かしつつ、メロディーの流れを
付けやすいスケールと考えることもできます。
 
 
 
ここまではいろいろな本に載っています。
次回からはさらに飛躍した「スケール」の紹介をします。
 






その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。

このページの記事は、メルマガ「秘密の音楽法♪」の内容を抜粋したものです。

購読は無料です。今すぐご登録ください♪



メールアドレス:



※メールアドレスが間違っていると届かないので、正確にご記入ください。




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。