わくわく作曲先生HOME > 作曲87の法則 > チャーチモード2

【チャーチモード2】

〜メルマガ作曲講座「音楽理論編」〜


今回は前回に引き続き「モード」です。
 
 
前回は「チャーチ・モード」という、7つのスケールをご紹介しました。
 
●C-アイオニアン・スケール
 
●D-ドリアン・スケール
 
●E-フリジアン・スケール
 
●F-リディアン・スケール
 
●G-ミクソリディアン・スケール
 
●A-エオリアン・スケール
 
●B-ロクリアン・スケール
 
 
譜面で見たい方はこちら
 
 
では前回の宿題でしたね。
 
全てC(ド)から始まるように、インターバル(間隔)に気を付けて
 
7つのチャーチモードを書き換えてみましょう。
 
 
●C-ドリアン・スケール
 
●C-フリジアン・スケール
 
●C-リディアン・スケール
 
●C-ミクソリディアン・スケール
 
●C-エオリアン・スケール
 
●C-ロクリアン・スケール
 
 
答えはこちらです。
→答えを見る
 
 
いかがでしたか?
 
自分で書き換えたものと合っていましたか?
 
 
 
これらスケールはコードとセットになっています。
 
つまり、スケールが決まれば基本的なコードも決まってきます。
 
そして使えるテンションも決まってきます。
 
 
 
前回の宿題「C(ド)から始まるようにチャーチモードを書き換える」で「ピン!」と来た
 
人もいるかもしれませんね。
 
 
 
次回はスケールとコードの関係について説明します。
 






その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。

このページの記事は、メルマガ「秘密の音楽法♪」の内容を抜粋したものです。

購読は無料です。今すぐご登録ください♪



メールアドレス:



※メールアドレスが間違っていると届かないので、正確にご記入ください。




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。