HOME > 作曲87の法則 > 転調3

【転調3】

〜メルマガ作曲講座「作曲実践編」〜


今回は「転調」の実践編第3回です。

転調の理論についてはバックナンバーで解説しているので、
忘れた方は読み返してみましょう。



さて、今回は一時的転調のお話です。

前回まではドミナントモーションを使った転調を紹介しましたが、
ドミナントモーションは1回だけしか使えないとは限らないのです。
つまり2連続、3連続させるというテクニックもあります。

例を挙げましょう。


【Bメロのコード進行】
D - E - Cm7 - F#m7

【サビのコード進行】
C - Am - F - G


この場合、keyの違うBメロとサビをつなぐためにドミナントモーション「G7」を使いましたよね。
(D - E - Cm7 - F#m7) - G7 - (C - Am - F - G)

このG7へドミナントモーションするコードは何でしょう?
ドミナントモーションは完全4度進行なので、逆算するとD7ですよね。
これを取り入れるとこうなります。

(D - E - Cm7 - F#m7) - D7 - G7 - (C - Am - F - G)

同じくこのD7へドミナントモーションするコードは何でしょう?
A7ですね。
これを取り入れると

(D - E - Cm7 - F#m7) - A7 - D7 - G7 - (C - Am - F - G)

このように連続することでカッコイイ響きを作り出すことができます。

ではどこまでやればいいかというと、特に決まりはありません。
一つの考え方としては、Bメロの最後「F#m7」からドミナントモーションが始まるようにする方法がスムーズでしょう。

(D - E - Cm7 - F#m7) - B7 - E7 - A7 - D7 - G7 - (C - Am - F - G)


ではまた次回、おたのしみに〜 (^o^)/~~









その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。

このページの記事は、メルマガ「秘密の音楽法♪」の内容を抜粋したものです。

購読は無料です。今すぐご登録ください♪



メールアドレス:



※メールアドレスが間違っていると届かないので、正確にご記入ください。




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。