HOME > 作曲87の法則 > 転調5

【転調5】

〜メルマガ作曲講座「作曲実践編」〜


今回は「転調」の実践編第5回です。

転調の理論についてはバックナンバーで解説しているので、
忘れた方は読み返してみましょう。



さて、今回は前回の解答です。
key=Cとkey=Fの共通コードを用いて、転調したコード進行を作ってみるんでしたね。


まずは図をダウンロードして下さい。
→図を見る


key=Cのダイアトニックコードは図1の上「C Dm Em F G Am Bm(b5)」、
 key=Fのダイアトニックコードは図1の下「F Gm Am Bb C Dm Em(b5)」のようになります。
 
Key=CとKey=Fの共通コードは「C, Dm, F, Am」ですね。
この共通コードを経由して、Key=Fに転調していけばいいわけです。
 


これは1つの回答例ですが、図2を見て下さい。
 
C - Em - F - GまでがKey=C
 
F - Am - Bb - CがKey=Fです。
 
 
この例では共通のコード「F」「Am」と二つの共通コードを使っています。
しかもよく見ると、図2のkey=Cとkey=Fは調が違うだけで、
同じコード進行(I - III - IV - V )です。
 
 
共通コードがあるKeyへの転調は、この方法を取り入れてみてはいかがでしょうか?

次回も転調の続きです。

ではまた次回、おたのしみに〜 (^o^)/~~






その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。

このページの記事は、メルマガ「秘密の音楽法♪」の内容を抜粋したものです。

購読は無料です。今すぐご登録ください♪



メールアドレス:



※メールアドレスが間違っていると届かないので、正確にご記入ください。




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。