HOME > 作曲87の法則 > キーボードその3

【キーボードその3「ラテン」】

〜メルマガ作曲講座「アレンジ編」〜


今回は「キーボードその3『ラテン』」です。

まずは図をダウンロードして下さい。
→図を見る



それでは図1を見て下さい。

このフレーズを弾いてみると、なんとなくラテンの雰囲気がただよってきますね。

ラテンのリズムには特徴があります。



図1の赤いアクセントマークに注目して下さい。

このように、ラテンは2小節を1つの単位とし、

3拍フレーズのようなリズムが基本となります。

そして最後の「注」マークのように、半音で次の音へ橋渡しするようなフレーズも多用されます。

音はコードで弾くよりも、オクターブの単音をメインにした方が軽快なノリが出るでしょう。



図2はラテンフレーズの応用例です。

このように16ビートにしても基本のリズムは同じです。

赤いアクセントマークに注目すれば一目瞭然ですよね。



図2は「G → FM7」のコード進行です。

構成音はコードを基本とすれば良いでしょう。

もちろんテンション等を取り入れてもカッコイイと思います。



次回は「キーボードその4『ジャズ』」をご紹介します。

ではまた来週、おたのしみに〜 (^o^)/~~





その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。

このページの記事は、メルマガ「秘密の音楽法♪」の内容を抜粋したものです。

購読は無料です。今すぐご登録ください♪



メールアドレス:



※メールアドレスが間違っていると届かないので、正確にご記入ください。




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。