HOME > 作曲87の法則 > キーボードその4

【キーボードその4「ジャズ」】

〜メルマガ作曲講座「アレンジ編」〜


今回は「キーボードその4『ジャズ』」です。

まずは図をダウンロードして下さい。
→図を見る



図1はポップスのキーボードフレーズですが、これをジャズっぽくしてみましょう。

ジャズの雰囲気を出すには2つポイントがあります。

それは縦と横の関係です。



■横の関係

横とは時間軸、つまりリズムです。

ジャズはジャストのタイミングが多いポップスとは異なり、スイングした跳ねたリズムです。

図2を見て下さい。

このように跳ねたリズムにするだけでも、少しだけジャズっぽくなりますよね。

しかしこれだけではやはりジャズになり切れていません。

そこで縦の関係が関係してきます。



■縦の関係

縦とはコードのことです。

ジャズ系のコードはテンションをうまく絡めています。

図3を見て下さい。

このようにテンションを入れるだけでもずいぶんジャズっぽくなりましたね。



それではこの縦と横の関係を合体させてみましょう。

図4を見て下さい。

いかがですか?

これでジャズっぽいフレーズができあがります。



ただ難しいのは、どういうテンションを入れるかということです。

これは理論もありますが、感覚によるところが大きいです。

いろんな曲を耳で聞いて、その感覚を身につけましょう。



次回は「ギター」をキーボードで表現する方法をご紹介します。






その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。

このページの記事は、メルマガ「秘密の音楽法♪」の内容を抜粋したものです。

購読は無料です。今すぐご登録ください♪



メールアドレス:



※メールアドレスが間違っていると届かないので、正確にご記入ください。




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。