HOME > 作曲87の法則 > リズム(8ビート)

【リズム(8ビート)】

〜メルマガ作曲講座「アレンジ編」〜


今回は「リズム(8ビート)」です。

まずは図をダウンロードして下さい。
→図を見る



リズムを作る際は、ドラムとベースがとても重要な役割を果たします。

ドラムとベースのコンビネーションによってノリを作り出します。

ギターやキーボードを使うとさらに複雑なリズムが作れますが、

基本はドラムとベースです。



今回は8ビートのお話をしましょう。



8ビートとは、8分音符を基本としたリズムです。

ハイハット部分を聞けば、分かりやすいと思います。

そして、バスドラやスネアも、基本的には8分音符単位で作っていきます。



図1を見てください。

上の楽譜がベース、下がドラムです。

ドラム譜は、上のバツ印がハイハット、真ん中(ミの音程部分)がスネア、

下(ラの音程部分)がバスドラを表しています。



基本的にはドラムのバスドラ(キック)とベースのタイミングを合わせるように作ります。

バスドラとベースは、周波数帯がとても近いということもあり、

よくなじみます。



しかし、いつまでもずっと同じではつまらないので、少しずらしてみましょう(図2)。

こうすると、若干ベースの動きが目立ってきますね。



このように、バスドラとベースのコンビネーションでリズムを作っていきます。

図3のようにしてみても面白いでしょう。



今回はちょっと短かったですが、次回は16ビートリズムの話をご紹介します。






その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。

このページの記事は、メルマガ「秘密の音楽法♪」の内容を抜粋したものです。

購読は無料です。今すぐご登録ください♪



メールアドレス:



※メールアドレスが間違っていると届かないので、正確にご記入ください。




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。