鍵盤と音の関係/メルマガ作曲講座「音楽理論編」

鍵盤と音の関係


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > 鍵盤と音の関係



この無料公開講座「作曲87の法則」では、
キーボードやギターで「なんとなくコードくらいは弾けるが、
理論は全く分からない」という方から、
現在すでに作曲をしている方を対象としています。


今回は「鍵盤と音の関係」について紹介します。



この講座では鍵盤主体で説明していくのですが、鍵盤や音の読み方など
分からない方もいると思います。

今回はその読み方を説明しましょう。



「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド」という呼び方はよく聞くと思いますが、
「C,D,E,F,G,A,B」と言われると、
よく分からなくなる人も多いのではないでしょうか?

これらはコードネームを表す場合もあるし、単音を表す場合もあります。


→こちらの図「鍵盤と音の関係」を見て下さい(別画面表示)。


この図のように、鍵盤と見比べると分かりやすいと思います。

以下の関係が成り立ちます。


・ド=C
・レ=D
・ミ=E
・ファ=F
・ソ=G
・ラ=A
・シ=B


ちなみに「♯(シャープ)」とは、音を半音上げる記号、
「♭(フラット)」は、音を半音下げる記号です。



「半音」とは、鍵盤で言うと「隣(となり)同士」の関係、
「全音」とは「半音2つ分」です。

白鍵部分だけ見ると、「全音」で並んでいる箇所が多いですね。



黒鍵部分は図のように、2通りの呼び方が出来ます。

「ド」を半音「上げた」音も、
「レ」を半音「下げた」音も同じですからね。



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る