わくわく作曲先生HOME > 作曲87の法則 > 鍵盤と音の関係

【鍵盤と音の関係】

〜メルマガ作曲講座「音楽理論編」〜


この講座はキーボードやギターで「なんとなくコードくらいは弾けるが、理論は全く分からない」という方から、
現在すでに作曲をしている方を対象としています。
 
 
今回はいきなり、初回版には書かなかった「音の関係」について紹介します。
 
 
 
この講座では鍵盤主体で説明していくのですが、鍵盤や音の読み方など
 
分からない方もいると思います。
 
今回はその読み方を説明しましょう。
 
 
 
「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド」という呼び方は良く聞くと思いますが、
 
「C,D,E,F,G,A,B」と言われると良く分からなくなる人も多いのではないでしょうか?
 
これらはコードネームを表す場合もあるし、単音を表す場合もあります。
 
 
→こちらの図「鍵盤と音の関係」を見て下さい。
 
 
この図のように、鍵盤をベースにすると分かりやすいと思います。
 
結局、単音の場合は以下の関係が成り立ちます。
 
 
・ド=C
・レ=D
・ミ=E
・ファ=F
・ソ=G
・ラ=A
・シ=B
 
 
ちなみに「#(シャープ)」とは音を半音上げる記号、
 
「b(フラット)」は音を半音下げる記号です。
 
 
 
「半音」とは鍵盤で言うと「となり」の関係、「全音」とは「半音2つ分」です。
 
白鍵部分だけ見ると、「全音」で並んでいる箇所が多いですね。
 
 
 
黒鍵部分は2通りの呼び方が出来ます。
 
「ド」を半音「上げた」音も、「レ」を半音「下げた」音も同じですからね。
 
 
 





その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。

このページの記事は、メルマガ「秘密の音楽法♪」の内容を抜粋したものです。

購読は無料です。今すぐご登録ください♪



メールアドレス:



※メールアドレスが間違っていると届かないので、正確にご記入ください。




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。