『ト音記号』と『ヘ音記号』の関係」/メルマガ作曲講座「音楽理論編」

『ト音記号』と『ヘ音記号』の関係


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > 『ト音記号』と『ヘ音記号』の関係



前回は「鍵盤と音の関係」を説明しましたが、
今回は楽譜の読み方を説明しましょう。

「ト音記号」なら何となく読めるけど、
「ヘ音記号」は全く分からないと言う人も多いのではないでしょうか?


でも基本が分かれば簡単です。
ずらしていくだけですからね。



→こちらの図「『ト音記号』と『ヘ音記号』の関係」を見て下さい(別画面表示)。


この図は「『ト音記号』と『ヘ音記号』の関係」を表したモノです。

真ん中の赤い音符が、鍵盤の真ん中の「ド」の位置です。
ここを基準にずらしていけば簡単ですね。



この図で赤い「ド」の位置を覚えておくだけでも良いのですが、
自分なりの基準となる位置をいくつか決めておくと、
読むスピードが速くなるでしょう。



例えば「ト音記号」部分だと、「シ」を読むには、
赤い「ド」から
「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ」と数える必要があります。

ですが、赤以外の「ド」の位置も覚えておくとどうでしょう?

「ド、シ」と2つ下るだけですね。

この要領で、いくつかポイントを覚えておくと楽ですね。



ちなみに「ト音記号」「ヘ音記号」の由来は「日本読み」にあります。

前回、「A,B,C... 」という読み方と
「ド、レ、ミ…」の関係を説明しましたが、
日本読みでは「ハ、ニ、ホ、…」となります。



すると「ト音」は「G」、「へ音」は「F」ということが分かります。



では、あらためて「ト音記号」「ヘ音記号」の「記号の形」を見て下さい。

なんとなく「ト音記号」は「G」、
「へ音記号」は「F」の形に見えてきませんか?

これが「ト音記号」「ヘ音記号」の由来です。



そして「ト音記号」の“クルッ”と囲まれた部分が「G=ソ」、
「ヘ音記号」の点々の間が「F=ファ」になっています。

このことを覚えておくと、音のポイントを覚えるときに楽ですね。



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る