わくわく作曲先生HOME > 作曲87の法則 > 『ト音記号』と『ヘ音記号』の関係

【『ト音記号』と『ヘ音記号』の関係】

〜メルマガ作曲講座「音楽理論編」〜


今回も、初回版には書かなかった「『ト音記号』と『ヘ音記号』の関係」について紹介します。
 
 
 
前回は鍵盤と音の関係を説明しましたが、今回は楽譜の読み方を説明しましょう。
 
「ト音記号」なら何となく読めるけど、「ヘ音記号」は全く分からないと言う人も
 
多いのではないでしょうか?
 
 
 
でも基本が分かれば簡単です。
 
ずらしていくだけですからね。
 
 
 
→こちらの図「『ト音記号』と『ヘ音記号』の関係」を見て下さい。
 
 
この図は「『ト音記号』と『ヘ音記号』の関係」を表したモノです。
 
真ん中の赤い音符が、鍵盤の真ん中の「ド」の位置です。
 
ここを基準にずらしていけば簡単ですね。
 
 
 
この図で赤い「ド」の位置を覚えておくだけでも良いのですが、
 
自分なりの基準となる位置をいくつか決めておくと、読むスピードが速くなるでしょう。
 
 
 
例えば「ト音記号」部分だと、「シ」を読むには、赤い「ド」から
 
「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ」と数える必要がありますが、
 
赤以外の「ド」の位置も覚えておくとどうでしょう?
 
「ド、シ」と2つ下るだけですね。
 
この要領でいくつかポイントを覚えておくと楽ですね。
 
 
 
ちなみに「ト音記号」「ヘ音記号」の由来は「日本読み」にあります。
 
前回、「A,B,C... 」という読み方と「ド、レ、ミ…」の関係を説明しましたが、
 
日本読みでは「ハ、ニ、ホ、…」となります。
 
 
 
すると「ト音」は「G」、「へ音」は「F」ということが分かります。
 
 
 
では改めて「ト音記号」「ヘ音記号」の「記号の形」を見て下さい。
 
なんとなく「ト音記号」は「G」、「へ音記号」は「F」の形に見えてきませんか?
 
これが「ト音記号」「ヘ音記号」の由来です。
 
 
 
そして「ト音記号」のくるっと囲まれた部分が「G=ソ」、「ヘ音記号」の点々の間が「F=ファ」になっています。
 
このことを覚えておくと、音のポイントを覚えるときに楽ですね。
  





その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。

このページの記事は、メルマガ「秘密の音楽法♪」の内容を抜粋したものです。

購読は無料です。今すぐご登録ください♪



メールアドレス:



※メールアドレスが間違っていると届かないので、正確にご記入ください。




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。