インターバル3(音程)/メルマガ作曲講座「音楽理論編」

インターバル3(音程)


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > インターバル3(音程)



この無料公開講座「作曲87の法則」では、
キーボードやギターで「なんとなくコードくらいは弾けるが、
理論は全く分からない」という方から、
現在すでに作曲をしている方を対象としています。


今回は前回の続き「インターバル2(音と音の間隔)」について紹介します。



インターバルがわかれば、コードの仕組みが全て分かります。

どんなに複雑なコードでも簡単に判断できるし、
コード進行を考えるときにも、インターバルの知識は必要です。



では前回の図を見ながら進めましょう。

→こちらの図「『ド』を基準としたインターバル」を見て下さい(別画面表示)。

この図は「ド」を基準(ルート)とし、
「ド」からの間隔(距離)を表したモノです。


念のため、今回も読み方を載せておきます。

「P○」や「M○」は以下のように読んでいきます。

P4:パーフェクト4th、完全4度
M3:メジャー3rd、長3度
m3:マイナー3rd、短3度
aug4:オーギュメント4th、増4度
dim4:ディミニッシュ4th、減4度



前回、前々回で、
「P○(完全○度)」「M○(長○度)」を紹介しました。

今回は残りの「m○(短○度)」「aug4(増4度)」「dim4(減4度)」を見てみましょう。



図1の「m○」「aug○」「dim○」の音を良く見てください。

全て「b(フラット)」が付いていますよね?

図2の鍵盤で見ると、黒鍵部分です。



これらをよく見て行くと、ある法則が見えてきます。

つまり以下のような法則です。

・「M○」の半音下は「m○」

・「P○」の半音下は「dim○」

・「P○」の半音上は「aug○」



いかがですか?

簡単ですよね。



このように、「P○」→「M○」→「m○」「aug○」「dim○」と見て行くと、
図1は理解しやすいと思います。



このインターバルの知識を使って、
次回は「コードの仕組み」を説明していきます。



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る