わくわく作曲先生HOME > 作曲87の法則 > インターバル3(音程)

【インターバル3(音程)】

〜メルマガ作曲講座「音楽理論編」〜


今回は前回の続き「インターバル3(音と音の間隔)」について紹介します。
 
 
 
インターバルがわかればコードの仕組みが全て分かります。
 
どんなに複雑なコードでも簡単に判断できるし、コード進行を考えるときにもインターバルの知識は必要です。
 
 
 
では前回の図を見ながら進めましょう。
→こちらの図「『ド』を基準としたインターバル」を見て下さい。
 
この図は「ド」を基準(ルート)とし、「ド」からの間隔(距離)を表したモノです。
 
 
 
 
 
念のため今回も読み方を載せておきます。
 
「P○」や「M○」は以下のように読んでいきます。
 
P4:パーフェクト4th、完全4度
M3:メジャー3rd、長3度
m3:マイナー3rd、短3度
aug4:オーギュメント4th、増4度
dim4:ディミニッシュ4th、減4度
 
 
 
前回、前々回で、「P○(完全○度)」「M○(長○度)」を紹介しました。
 
今回は残りの「m○(短○度)」「aug4(増4度)」「dim4(減4度)」を見てみましょう。
 
 
 
図1の「m○」「aug○」「dim○」の音を良く見てください。
 
全て「b(フラット)」が付いていますよね? 
 
図2の鍵盤で見ると、黒鍵部分です。
 
 
 
これらをよく見て行くと、ある法則が見えてきます。
 
つまり以下のような法則です。
 
・「M○」の半音下は「m○」、
 
・「P○」の半音下は「dim○」、
 
・「P○」の半音上は「aug○」
 
 
 
いかがですか?
 
簡単ですよね。
 
 
 
このように、「P○」→「M○」→「m○」「aug○」「dim○」と見て行くと、
 
図1は理解しやすいと思います。
 
 
 
このインターバルの知識を使って、次回は「コードの仕組み」を説明していきます。
 
 





その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。

このページの記事は、メルマガ「秘密の音楽法♪」の内容を抜粋したものです。

購読は無料です。今すぐご登録ください♪



メールアドレス:



※メールアドレスが間違っていると届かないので、正確にご記入ください。




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。