コード(和音)構成の仕組み/メルマガ作曲講座「音楽理論編」

コード(和音)構成の仕組み


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > コード(和音)構成の仕組み



今回は「コード(和音)構成の仕組み」です。


前回まで説明したインターバルがわかれば
コードの仕組みが全て分かります。

どんなに複雑なコードでも簡単に判断できるし、
コード進行を考えるときにもインターバルの知識は必要です。


では図を見ながら進めましょう。
→こちらの図を見て下さい(別画面表示)。


図1は「ルート、長3度(M3)、完全5度(P5)」という組み合わせを
「C(ド)」から半音ずつ並べたものです。

このような和音を「コード」と呼びます。



ちなみに「和音」の「和」とは「足された(プラスされた)」という意味です。

小学生の算数で「足す、引く、かける、割る」を「和、差、積、商」と言いましたよね?

それと同じです。



さて、そのコードの中でも
「ルート、長3度(M3)、完全5度(P5)」という組み合わせのコードを
「メジャー・トライアド」と呼びます。

「メジャー」とは「明るい」、「トライアド」は「3音」を意味します。

つまり「3和音の明るい響きを持つコード」ですね。



図1を見て下さい。

全て「ルート、長3度(M3)、完全5度(P5)」という組み合わせになっています。
コード表記はルートをアルファベット大文字で表します。



一方、図2を見て下さい。

これは同じ仕組みで「3度」が半音下がったコードです。

つまり「ルート、短3度(m3)、完全5度(P5)」という組み合わせのコードです。



このコードは「マイナー・トライアド」と呼びます。

「マイナー」とは「暗い」を意味するので、 「3和音の暗い響きを持つコード」と言えます。

コード表記は、ルートをアルファベット大文字で表し、
その横に小文字の「m」をつけます。



いかがですか?

このように、インターバルが分かれば
コードの仕組みが分かります。

次回は「セブンスコードの仕組み」を説明していきます。



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る