セブンスコードの仕組み/メルマガ作曲講座「音楽理論編」

セブンスコードの仕組み


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > セブンスコードの仕組み



今回は「セブンスコードの仕組み」です。

ではさっそく、図を見ながら進めましょう。

→こちらの図を見て下さい(別画面表示)。



●セブンスコード

図1を見て下さい。
「C7、D7、E7」など、アルファベット大文字の横に数字の「7」が付いています。

構成としては、メジャー・トライアドの
「ルート(基準となる音)、M3(長3度)、P5(完全5度)」の3音に、
m7(短7度)が加わります。

このコードは「転調」を説明するときに
重要なコードになるので覚えていて下さいね。



●マイナー・セブンスコード

図2を見て下さい。
「Cm7、Dm7、Em7」など、アルファベット大文字一文字と小文字の「m」、
その横に数字の「7」が付いています。

構成としては、マイナー・トライアドの
「ルート(基準となる音)、m3(短3度)、P5(完全5度)」の3音に、
m7(短7度)が加わります。



●メジャー・セブンスコード

図3を見て下さい。
「CM7、DM7、EM7」など、アルファベット大文字一文字と大文字の「M」、
その横に数字の「7」が付いています。

構成としては、メジャー・トライアドの
「ルート(基準となる音)、M3(長3度)、P5(完全5度)」の3音に、
M7(長7度)が加わります。

セブンスコードと間違えないよう、7度の違いに注意しましょう。



●マイナー・メジャー・セブンスコード

「CmM7、DmM7、EmM7」など、
アルファベット大文字一文字と小文字の「m」、
その横に大文字の「M」と数字の「7」が付いています。

構成としては、マイナー・トライアドの
「ルート(基準となる音)、m3(短3度)、P5(完全5度)」の3音に、
M7(長7度)が加わります。

このコードは複雑そうに見えますが、
インターバルを理解していれば簡単に理解できます。



いかがですか?
前回のトライアドコードをマスターしていれば難しくないですよね。

セブンスコードは1音多い事もあり、
トライアドコードよりも広がりのある響きです。


次回は「その他のコードの仕組み」を説明していきます。



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る