わくわく作曲先生HOME > 作曲87の法則 > 分数コード

【分数コード】

〜メルマガ作曲講座「音楽理論編」〜


今回のテーマは「分数コード」です。
 
あまり知られていませんが、
分数コードには、2種類あります。



1つは「和音/単音」という形のコードです。

この形が、良く知られている分数コードです。
オンコードとも呼ばれますね。

例えば「F(onC)」や「F/C」などで表されます。



もう1つは「和音/和音」という形のコードです。

これは「アッパー・ストラクチャー・トライアド」と呼ばれます。
例えば「Dm/G7」などで表されます。

分子のコードには、トライアドコード(3和音コード)を使うのも特徴です。



「アッパー・ストラクチャー・トライアド」は、かなり高度な分数コードなので、
「わくわく作曲先生♪」の上級編で紹介している内容です。



今回は、「アッパー・ストラクチャー・トライアド」ではなく、
「オンコード」の方を紹介しますね。



分数コード(オンコード)を使う意図としては、大きく分けて3つあります。



1、アボイドノートを避けるため

2、テンションの響きを簡単に得るため

3、コード進行の流れをスムーズにするため



第1は「アボイドノートを避ける」です。


前回のメルマガでは、「サスフォーコード」を使って、
アヴォイドノートを避ける方法を紹介しましたが、
考え方は同じです。



たとえば、「Eマイナー・トライアドコード」で「ド」を弾きたい(歌いたい)場合、 
「シ」を弾かないようにするのです。

たとえば、「ConE」などにすると良いですね。



アボイドノートを避けるために、オンコードにしてしまうというテクニックです。
この方法だとコード進行を大幅に変えることなく、アボイドノートを避けられます。 
ラクですよね♪



第2は、「テンションの響きを簡単に得る」です。



たとえば、「G(onC)」で考えてみましょう。

構成音は、左手で「ド」、右手で「ソ、シ、レ」ですね。

ルート「ド」を基準にすると、
「ソ」は完全5度、「シ」は長7度、「レ」は長2度または9度です。
ということは「CM7(9)」に近い響きと言えます。



第3は、「コード進行の流れをスムーズにするため」です。



たとえば、「C - Em」というコード進行があるとしましょう。

この時、「C」の後半だけ、ルートを「レ」に変え、
「C - ConD - Em」のようにすると、
ルートは「ド−レ−ミ」という、なめらかな流れになりますね。



このように、オンコードはとても便利なので
是非活用してくださいね!
 






その後は、まぐまぐ時代にエンターテイメント部門1位を獲得した
メルマガ「秘密の音楽法♪」の最新版を、毎週お届けします。

このページの記事は、メルマガ「秘密の音楽法♪」の内容を抜粋したものです。

購読は無料です。今すぐご登録ください♪



メールアドレス:



※メールアドレスが間違っていると届かないので、正確にご記入ください。




→わくわく作曲先生「作曲87の法則」へ戻る


わくわく作曲先生♪TOPページ講座内容体験受講受講生の声
よくある質問作曲ノウハウコミュニティ


Waimプロデュース
4th-signal MusicのTOPページ


Copyright(C) 2003-2014
4th-signal Music
All rights reserved
このサイト内の音楽、画像、文章の無断使用はご遠慮下さい。