コード進行その1/メルマガ作曲講座「音楽理論編」

コード進行その1


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > コード進行その1



今回は「コード進行その1」です。

まずは基本となる「ダイアトニック・コード」についてお話ししましょう。

ここではわかりやすいように「key=C」に限定して話します。
が、キーが変わっても考え方は同じです。

インターバルさえ理解できていれば「ずらす」だけですからね。



→こちらの図を見て下さい(別画面表示)。


図を見ながら一緒に確認していきましょう。


「key=C」の時、ダイアトニック・コードは図1になります。
弾いてみると気づきますが、全て白鍵「ドレミファソラシド」で構成されています。

そしてこの7つのコードにはそれぞれ
「トニック(T)」、「ドミナント(D)」、「サブドミナント(SD)」いずれかの特性があります。

すべての解説は次回に回して、
今回はその中でも代表的な、主要三和音で解説していきます。


※豆知識
 ダイアトニック・コード(図1)でのローマ数字表記は、
 キーが変わってもわかりやすいように
 こういう表現をされることがよくあります。



●トニック・コード(T)
曲のキーをルートとするコード。

例えば、Key=Cならばトニック・コードは「C」、Key=Fならばトニック・コードは「F」
となります。
とても落ち着く感じのするコードです。



●ドミナント・コード(D)
キーの(V)に位置するコード。

例えば、Key=Cならばドミナント・コードは「G」、Key=Fならば「C」
となります。
トニックに進行しようという力の強いコードです。



●サブドミナント・コード(SD)
キーの(IV)に位置するコード。
例えば、Key=Cならばサブドミナント・コードは「F」、Key=Fならば「Bb」
となります。
ドミナントへ行くことが多いが、トニックへ行くこともあります。



このようにkey=Cの時、基本となる主要三和音は「C」「G」「F」です。

簡単な曲であれば、この3つのコードだけで作れてしまいます。
これらは一般に「スリーコード」と呼ばれています。



実際に弾いてみて下さい。

◆C - G - C (図2)
これは「起立」-「礼」-「直れ」っていう感じですよね。

◆C - F - G - C (図3)
これは「起立」- 「帽子をとって」 - 「礼」-「直れ」っていうイメージがわきます。


次回もコード進行について解説します。
コード進行が解れば作曲はできたも同然(!?)です。




→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る