コード進行その2/メルマガ作曲講座「音楽理論編」

コード進行その2


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > コード進行その2



今回は「コード進行その2」です。


今回も基本となる「ダイアトニック・コード」の続きについてお話ししましょう。

ここではわかりやすいように「key=C」に限定して話します。
が、キーが変わっても考え方は同じです。

インターバルさえ理解できていれば「ずらす」だけですからね。


→こちらの図を見て下さい(別画面表示)。


図を見ながら一緒に確認していきましょう。


前回も書いたように「key=C」の時、

ダイアトニック・コードは図1になります。

弾いてみると気づきますが、全て白鍵「ドレミファソラシド」で構成されています。

そしてこの7つのコードにはそれぞれ
「トニック(T)」、「ドミナント(D)」、「サブドミナント(SD)」いずれかの特性があります。

前回は「C」「F」「G」の主要3和音のお話をしましたが、
今回はその他のダイアトニック・コードの特性についてお話しします。

その他のダイアトニック・コードに
「トニック(T)」、「ドミナント(D)」、「サブドミナント(SD)」を付けると
図2のようになります。

(※厳密に言うと1つのコードに他の特性もあるのですが、
  混乱を避けるため、現時点ではこうしておきます。)


これは是非、実際に楽器で弾いて雰囲気を感じてほしいですね。


そして大きなポイントがあります。
同じ特性のコードは代理コードとして使えるのです。


例えば
F-G-C
というコード進行に変化を付けたい場合、
このダイアトニックの特性を考えてコードを変えます。

(例1)
「F」を同じSDの「Dm」に変えると
Dm-G-C
ちょっと変化が出せますよね。


(例2)
さらに「C」を同じTの「Am」に変えます。
Dm-G-Am
こうすることでやや暗いイメージにできました。


ダイアトニック・コード内の代理コードを使うだけでも
いろんなコード進行ができますよね。



次回はコード進行の作り方について解説します。
これがわかれば自分でコード進行を組み立てることができるようになります。



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る