コード進行その3/メルマガ作曲講座「音楽理論編」

コード進行その3


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > コード進行その3



今回は「コード進行その3」です。


ここではわかりやすいように「key=C」に限定して話します。
が、キーが変わっても考え方は同じです。

インターバルさえ理解できていれば「ずらす」だけですからね。


→こちらの図を見て下さい(別画面表示)。


図を見ながら一緒に確認していきましょう。


コード進行は大きく分けて3種類あります。
(大きくですからね〜、細かいつっこみはしないでね)

●強進行(ツー・ファイヴ)

●スケールトーン・モーション

●ファンクショナル・モーション



今回は順をおって簡単に説明しましょう。

●強進行(ツー・ファイヴ)
これはII→V(図1)のようなコード進行です。
詳しくは次回お話ししますね。

(例)
Dm→G


●スケールトーン・モーション
これはダイアトニック・コード(図2)上で隣のコードに行くコード進行です。

(例)
Dm→Em、G→Am、F→Emなど。


●ファンクショナル・モーション
これは前回お話しした「トニック」「サブドミナント」「ドミナント」を使います。
基本的に
「トニック」→「サブドミナント」→「ドミナント」→「トニック」
の順で進行します。


次回はもう少し詳しく解説します。



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る