強進行(ツー・ファイヴ)」/メルマガ作曲講座「音楽理論編」

強進行(ツー・ファイヴ)


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > 強進行(ツー・ファイヴ)



今回は3つのコード進行の1つ「強進行(ツー・ファイヴ)」です。


→こちらの図を見て下さい(別画面表示)。


図を見ながら一緒に確認していきましょう。


前回お話ししたように、コード進行は大きく分けて3種類あります。
(大きくですからね〜、細かいつっこみはしないでね)

●強進行(ツー・ファイヴ)

●スケールトーン・モーション

●ファンクショナル・モーション



今回はこの中の『強進行(ツー・ファイヴ)』を取り上げましょう。

●強進行(ツー・ファイヴ)
II→V(図1)のようなコード進行です。
この進行は最も強いコード進行なので「強進行」とも呼ばれているようです。

これはインターバルを考えれば、
下記の進行も同じ「ツー・ファイブ」ということが分かります。


(例)
Em → A
Fm → Bb
Gm → C
Am → D

など、みんなDm→Gをずらしただけですよね。

これを普通のコード進行に組み込むだけで、
ちょっとした「一時的転調」の雰囲気を出すことができます。

より特徴を出すためには「7th」を付けて、

Dm7 → G7
(IIm7 → V7)

とします。

ダイアトニック・コードに7thを付けたものを
ダイアトニックセブンスコード(図2)
といいます。

純粋な「7th」はダイアトニックセブンスコードの中では「V」にしか付かないので、
もし「V」以外のコードに「7th」が付いたならば、
一時的転調のサウンドを強調できますよね。

※ここで言う「7th」を「m7」や「M7」と間違えないように気を付けて下さいね。



次回は3つのコード進行の1つ「スケールトーン・モーション」解説します。



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る