スケールトーン・モーション/メルマガ作曲講座「音楽理論編」

スケールトーン・モーション


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > スケールトーン・モーション



今回は3つのコード進行の1つ「スケールトーン・モーション」です。
 
→こちらの図を見て下さい。
 
 
図を見ながら一緒に確認していきましょう。
 
 
●『スケールトーン・モーション』
 
スケールトーン・モーションは驚くほど簡単です。
図1、図2を見て下さい。
おなじみのダイアトニック・コードです。
 
ダイアトニック・コードとダイアトニック・セブンス・コードの使い方は同じです。
違いは、ダイアトニック・セブンス・コードのほうがより「キー」を強調させるというだけです。
この場合は『よりkey=Cが強く感じられる』ということです。
 
さて、スケールトーン・モーションですが、これは
『ダイアトニック・コード上の隣のコードへ進行する』というものです。
 
(例)
C   → Dm
C → Bm(-5)
Dm → Em
Em → F
Am → G
 
など、みんなダイアトニック・コード上でとなりに行ってるだけなんですね〜。
簡単でしょ?
 
今日はここまで〜
…というとあまりにもあっけないので、前回の強進行(ツーファイヴ)と組み合わせてみましょう。
 
強進行とは「ツーファイヴ」のように完全4度上へ進行するものでしたね。
それと同じ仲間で「ドミナント・モーション」という進行があります。
 
これは名前の通り、ドミナント(D)からトニック(T)へ行く進行です。
「key=C」では
G → C
ですね。
 
さて、「ツーファイヴ」「ドミナント・モーション」「スケールトーン・モーション」
を使って1つコード進行を作ってみましょう。
 
Dm - G - Am - A7 - Dm - G - C
(図3)
 
これだけでも結構それらしくなるでしょ?
 
次回は3つのコード進行の1つ「ファンクショナル・モーション」解説します。

→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る