ファンクショナル・モーション/メルマガ作曲講座「音楽理論編」

ファンクショナル・モーション


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > ファンクショナル・モーション




今回は3つのコード進行最後の1つ「ファンクショナル・モーション」です。


→こちらの図を見て下さい。


図を見ながら一緒に確認していきましょう。



●『ファンクショナル・モーション』

ファンクショナル・モーションとは、これまでにたびたび出てきた「T(トニック)」、
「SD(サブドミナント)」、「D(ドミナント)」を使います。

基本的な考え方は、「T → SD → D → T」となります。

以前お話しした「スリーコード」ではCがトニック(T)、Fがサブドミナント(SD)、Gがドミナント(D)
でしたよね。

スリーコードだけならば「C → F → G → C」となります。

これだけではやはりもの足りませんよね。

この考え方をダイアトニック・コード(図1)にあてはめてみましょう。
全てにTやSDなどの「ファンクション」があるのです。

これを使えば、例えば

Am - F - G - C
C - Dm - G - C

など考えられます。

ちなみに「T」の次は必ず「SD」である必要はありません。同じ「ファンクション」に移ってもいいのです。
例えば、「T → T → SD → D → T」
実際のコードで表すと、

C - Am - F - G - C

なども同じ考え方です。

基本となる3つのコード進行をマスターすれば、かなりのコード進行が作れます。
実際、この3つのコード進行だけでできている曲は無数にあります。


さて、ここでとっておきの「秘密」をお教えしましょう。

これは本にはなかなか載っていない知識のひとつです。
これを知っているだけで他の人とは違う曲が作れるはずです。

その知識とは!!

図2をご覧下さい。
黒字がダイアトニック・コード、青字がその他のコード、緑字がファンクションを表しています。

Cから半音ずつ下がっていくと、「T → SD → D → T…」の順にファンクションが並んでいるのです。
この中でダイアトニック・コード以外のものを部分的に取り入れれば簡単に「意外性」を出すことができます。
ダイアトニック・コード以外のコードをメジャーにするかマイナーにするかは、今は自分の感性を信じて
曲調により決めて下さいね。



次回はこれまで説明した「3つのコード進行」以外のコード進行をいくつか紹介します。


→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る