転調その3〜セカンダリードミナントの活用〜/メルマガ作曲講座「音楽理論編」

転調その3〜セカンダリードミナントの活用〜


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > 転調その3〜セカンダリードミナントの活用〜



今回はその他のコード進行「転調その3〜セカンダリードミナントの活用〜」です。


→こちらの図を見て下さい。


図を見ながら一緒に確認していきましょう。



今回はセカンダリードミナントを使った転調方法をご紹介します。

セカンダリードミナントとは強制的にドミナントモーション
(G7 → Cのように完全4度上へ行く進行)
を作るものです。



ではまず図1を見てみましょう。

前半は「key=C」、後半は「key=Db」です。

これをスムーズな転調をしてつなぐために、間にAb7を置いています。

この「Ab7 → Db」がドミナントモーション(完全4度上へ行く進行)になっています。

つまり、Ab7が転調を予感させる役割をしているんですね。


もうひとつ例を挙げましょう(図2)。

前半は「key=C」、後半は「key=Bb」です。

これもBbへドミナントモーション(完全4度上へ行く進行)するコードは何かと考えると、

F7ということが分かります。

つまり、F7を経由して転調ができるわけです。


最後にもう一つ例を出しますね(図3)。

今度は同じく前半は「key=C」、後半は「key=Bb」ですが、転調先の最初のコードがBbではなくEbです。

これは「key=Bb」のIVにあたります。

でも考え方は同じです。

Ebへドミナントモーションするコードは何かと考えると、Bb7ということが分かります。

この場合はBb7 を経由すればスムーズに転調できます。



いかがですか?簡単でしょう。

でも結局は自分で弾いてみて、響きが納得行かなければ転調先のkeyを半音変えてみるなど

理論にとらわれすぎない作曲方法が重要だと思います。

「理論が正しいからこれでいいんだ!」というのでは作曲家としては何か寂しいですからね。

自分の感性を最優先!

これを忘れないようにしてほしいです。



話がちょっとそれましたが、まだまだ転調シリーズは続きます。

次回は「転調その4」を紹介します。



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る