転調その4〜ピボット・コードを使った転調方法〜/メルマガ作曲講座「音楽理論編」

転調その4〜ピボット・コードを使った転調方法〜


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > 転調その4〜ピボット・コードを使った転調方法〜




今回はその他のコード進行「転調その4〜ピボット・コードを使った転調方法〜」です。


→こちらの図を見て下さい。


図を見ながら一緒に確認していきましょう。


ピボット・コードとは転調前のダイアトニック・コードと
転調後のダイアトニック・コードの共通コードを言います。



ではまず図1、図2を見てみましょう。

図1はkey=Cのダイアトニック・コード、図2はkey=Dのダイアトニック・コードです。

この2つのkeyに共通するコードは「Em7」です。
よってここでのピボット・コードは「Em7」になります。
この「Em7」を経由して転調する方法が
「ピボット・コードを使った転調」ということになります。



実際にどうやるかというと、例えば

key=Cで

FM7 - G7 - Em7 - Am7

というコード進行があります。



ここで、ピボット・コードの「Em7」はkey=Dで考えるとIIm7になりますね。

key=Dのツーファイブにあてはめると、
Em7 - A7という進行が考えられます。



こうして出来たツーファイブを最初の進行にあてはめると

FM7 - G7 - Em7 - A7

という部分的に転調したコード進行が出来上がります。



ピボット・コードは数が少ないのですが、これだけでもいくつか転調を
することができます。



他にも探して、実際に使ってみましょう。

知らず知らずのうちに使っていたコード進行が、
実はピボット・コードによる転調だった!
という発見があるかもしれません。



次回は「転調その5」を紹介します。



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る