転調その5:転調とメロディーの関係/メルマガ作曲講座「音楽理論編」

転調その5:転調とメロディーの関係


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > 転調その5:転調とメロディーの関係



今回はその他のコード進行「転調その5:転調とメロディーの関係」です。


→こちらの図を見て下さい。


図を見ながら一緒に確認していきましょう。


転調について、「コードは分かったけどメロディーはどうなるの?」という方もいると思います。
特に転調するつなぎ目が悩みどころでしょう。



例を挙げて説明しますね。
まずは図1を見て下さい。



key=Cから3小節目でkey=Ebへ転調しています。
問題なのはそのつなぎ目「2小節目のBb7」のメロディです。


ここのコードは「C」のままでもいいのですが、key=Ebにスムーズにつなげるため
「Eb」のドミナントである「Bb7」を入れています。


ここでのメロディは、key=Ebのメロディが少し早めに出てきていると考えられるので
key=Ebでメロディを作ります。

2小節目のラb、シbはkey=Ebの音ですよね。
しかもここのコードをBb7にする事で、よりメロディが「しっくり」きています。



このように、つなぎ目のコードがどちらのkeyに沿っているかによって
メロディを決める方法が簡単でスムーズです。



もう一つ、転調をスムーズにするためにテンションを使う方法を説明します。

図2を見てみましょう。

2小節目の「ソ」の音に注意してください。
転調前のkey=Cとkey=Ebでの共通音である「ソ」をテンションとして使っています。


このように1つの音を固定で伸ばし、コードを変化させることによってテンションを作る方法を
「ペダル・ポイント」といいます。

これをストリングスなどの音でアレンジに取り入れると、カッコイイ仕上がりになりますよ。
一度試してみて下さいね。



次回は「スケール」を紹介します。



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る