スケール/メルマガ作曲講座「音楽理論編」

スケール


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > スケール



今回は「スケール」です。



さて、お待たせしました。

いよいよ「オルタードテンション」について説明します!!

待ちくたびれた人もいるんじゃないかな?

「オルタードテンション」とは一言で言うと「b9,#9,b13」などを指します。

これらをいかに作曲に取り入れるかを、これから数ヶ月間かけて紹介しますね。



ここまでの理論を理解しているだけでも、理論だけで言えば
かなりレベ ルの高い曲を作ることが可能です。

「オルタードテンション」は必ずしも知っておく必要はないかもしれません。

でもさらに深く知りたい方はついて来て下さいね。

複雑ですがおもしろいですよ。


→こちらの図を見て下さい。


図を見ながら一緒に確認していきましょう。



「オルタードテンション」を効果的に使うには

「スケール(音階)」を知る必要があります。

スケールとは簡単に言うと「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド」のような

音の並びの事です。



小中学校の音楽の授業で習ったかもしれませんが、

「全、全、半、全、全、全、半」っていう並びを

聞いたことありませんか?



図1を見て下さい。

「全」とは全音、「半」とは半音の事です。

全音とは半音二つ分のインターバル(間隔)ですね。



一般的に親しまれている「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド」は、

このように規則正しく並んでいます。

この並び方を「メジャー・スケール」といいます。



もう一つスケールを紹介しましょう。

図2を見て下さい。



「全、半、全、全、半、全、全」つまり

「ド、レ、ミb、ファ、ソ、ラb、シb、ド」となっています。

これを「ナチュラルマイナー・スケール」といいます。



「ラ」から始めると、図3のように

「ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ」となり、図1と同じですね。

でも弾き比べてみてください。



左手で「ド」を押さえながら、右手で図1。

左手で「ラ」を押さえながら、右手で図3。



同じものでも図1は明るく、図3は暗く聞こえたと思います。

基本の音を「ド」にするか「ラ」にするかの違いだけでも

別の意味を持ってきます。

これはインターバルと同じですね。

(※インターバルについてはバックナンバーの第3、4回を参照してください)
→バックナンバーを見る



このように、スケールは「全音」と「半音」がどう並んでいるかの

組み合わせで成り立ちます。



次回からはしばらく「スケール」の紹介をします。

紹介したいスケールは20種類くらいあったかな?

がんばってついて来てくださいね。



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る