チャーチモード1/メルマガ作曲講座「音楽理論編」

チャーチモード1


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > チャーチモード1




今回は「モード」です。



→こちらの図を見て下さい。


図を見ながら一緒に確認していきましょう。



今回は「チャーチ・モード」という、7つのスケールをご紹介します。

●C-アイオニアン・スケール

●D-ドリアン・スケール

●E-フリジアン・スケール

●F-リディアン・スケール

●G-ミクソリディアン・スケール

●A-エオリアン・スケール

●B-ロクリアン・スケール



これらは「メジャースケール」のスタートを変えただけと考えることもできますが、

「インターバル(全音と半音の並び、間隔)」に注意してくださいね。



ではここで1つ宿題と行きましょう。

図1ではわかりやすいように「メジャースケール」と関連させて表示していますが、

全てC(ド)から始まるように書き換えてみましょう。



つまり、

●C-ドリアン・スケール

●C-フリジアン・スケール

●C-リディアン・スケール

●C-ミクソリディアン・スケール

●C-エオリアン・スケール

●C-ロクリアン・スケール

を書いてみましょう。



ヒントは「インターバル(間隔)」です。

9thや13thに着目できれば更に良いですね。

答えは次回発表します。



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る