チャーチモード4/メルマガ作曲講座「音楽理論編」

チャーチモード4


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > チャーチモード4




今回も「モード」です。

前回は「スケールが決まれば基本的なコードも決まってきます」ということを紹介しましたね。
今回は、残り(前回紹介しなかった)のスケールに当てはまるコードを確認しましょう。

それでは、前回の図を見ながら進めましょう。
→こちらの図を見て下さい。


●C-アイオニアン・スケール
「ルート(1度)、長3度、完全5度」の組み合わせなので「メジャーコード」。

●C-ドリアン・スケール
「ルート(1度)、短3度、完全5度」の組み合わせなので「マイナーコード」。

●C-フリジアン・スケール
「ルート(1度)、短3度、完全5度」の組み合わせなので「マイナーコード」。

●C-リディアン・スケール
「ルート(1度)、長3度、完全5度」の組み合わせなので「メジャーコード」。

●C-ミクソリディアン・スケール
「ルート(1度)、長3度、完全5度」の組み合わせなので「メジャーコード」。

●C-エオリアン・スケール
「ルート(1度)、短3度、完全5度」の組み合わせなので「マイナーコード」。

●C-ロクリアン・スケール
これは「ルート(1度)、短3度」ですが、5度が減5度ですね。
ですので「マイナーフラット5thコード」になります。


いかがですか?
そんなに難しくないですよね。


この理論を使えば、例えばメジャーコードを弾いたときに「ファ#」や「シb」の
メロディを使うという発想ができるようになります。

今までは「ドレミファソラシド」という限られた音階しか使えなかったことを思うと
かなりの飛躍ですよね。



では次回の宿題は「セブンスコード」にしましょう。
同じ要領で考えてみて下さい。


→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る