コード進行(マイナー編)/メルマガ作曲講座「作曲実践編」

コード進行(マイナー編)


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > コード進行(マイナー編)



前回から実践編へ突入しています。
いくら理論を知っていても使えないと意味がないですからね。
読むだけでなく、実際に作ってみてくださいね。


それでは前回の宿題、
C - Am - F - G 


このコード進行を

●強進行
●スケールトーン・モーション
●ファンクショナル・モーション

を使って改良してみるということでしたが、うまくできましたか?



それでは解答例です。
こちらの図を見て下さい。
→解答例を見る


これはもちろん1つの例にすぎません。
他にも正解はありますが、今回は図2のコード進行について解説します。

※スケールトーン・モーションは「STM」と省略しています。



変更前のコード進行
C - Am - F - G
は主にファンクショナル・モーションで成り立っています。

「F - G」間はスケールトーンモーションも働いていますけどね。



変更後コード進行の、1〜2小節目「C - Bm7(-5) - Am」は
スケールトーンモーションするようにつなげたものです。

2小節目「Am - Dm」は強進行です。
ファンクショナルモーション「T→SD」も同時に成り立っていますね。


いかがですか?
たったこれだけでも変化が付けられますよね。


もう少し慣れるために、もう1つやっておきましょう。
次はマイナーから始まるコードです。

Am - F - G - Em

これも次回、回答例と解説を付けていきます。


何事も実際に経験してみないと実力は付きません。
頭で理解するだけでなく、実際に作ってみましょう。
そうやって初めて自分のものになるからね。


ではまた次回、おたのしみに〜 (^o^)/~~

→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る