サブドミナントマイナー/メルマガ作曲講座「作曲実践編」

サブドミナントマイナー


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > サブドミナントマイナー



それでは前回の宿題、
Am - F - G - Em

このコード進行を
●強進行
●スケールトーン・モーション
●ファンクショナル・モーション
を使って改良してみるということでしたが、うまくできましたか?



それでは解答例です。
こちらの図を見て下さい。
→解答例を見る


これはもちろん1つの例にすぎません。
他にも正解はありますが、今回は図2のコード進行について解説します。

※スケールトーン・モーションは「STM」と省略しています。



変更前のコード進行
Am - F - G - Em
は主にファンクショナル・モーションで成り立っています。

「F - G」間はスケールトーンモーションも働いていますね。



変更後の1小節目〜2小節目「G」までは、
ダイアトニック・コード上の隣のコードへ進行しています。
つまりスケールトーン・モーションの連続使用です。

2小節目「G-C」は強進行、
3小節目から4小節目は「スケールトーン・モーション」です。


いかがですか?
簡単にコード進行を改良できますよね。



さて、今回は「サブドミナント・マイナー」を使ってみましょう。

これはメジャースケールの中に、一時的にマイナー感を出したいときに使えるコードです。
一般的にはCメジャースケールには「Fm」をよく使いますね。
「Fm」以外にも「ラb」の音を含んでいるコードは「Fm」の代わりに
「サブドミナント・マイナー」として使えます。
つまり、ある意味「代理コード」ですね。

例えば「Dm7(b5),DbM7,Bb7,Ab7」などがあります。


使い方としては「サブドミナント」部分で、
元のサブドミナントコードと置き換えて使います。

例を挙げると
F - Fm - C
Fm - G7 - C
などです。


これはとても簡単に使えるので試してみて下さいね。


では今回も宿題です。
以下のコードを「サブドミナント・マイナー」を使って改良してみましょう。
C - Dm7 - G - F

「Fm」に限らず、代理コードも使ってみましょう。
次回、解答例と解説を付けていきます。

ではまた次回、おたのしみに〜 (^o^)/~~


→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る