ディミニッシュコード/メルマガ作曲講座「作曲実践編」

ディミニッシュコード


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > ディミニッシュコード



それでは前回の宿題、
C - Dm7 - G - F

このコード進行を「サブドミナント・マイナー」を使って改良しましょう。


それでは解答例です。
こちらの図を見て下さい。
→解答例を見る

これはもちろん1つの例にすぎません。
他にも正解はありますが、今回は図2のコード進行について解説します。


「サブドミナント・マイナー」の使い方としては
「サブドミナント」部分を置き換える方法が一般的でしたね。

まず1小節目は変化無しです。
2小節目はサブドミナント部分なので、元のコードである「Dm7」を「Dm7-Dm7」と考え、
それぞれ「サブドミナント・マイナー」である「Fm、Bb7」へ変換しています。

3小節目は変化無し、
4小節目はサブドミナント部分なので、元のコードである「F」を
「サブドミナント・マイナー」である「Dm7(-5)」へ変換しています。


いかがですか?
「サブドミナント・マイナー」は簡単に利用できるますよね。



さて、今回は「ディミニッシュ・コード」を使ってみましょう。
このコードは怖い、怪しい雰囲気を出したい時に便利なコードですよね。

それはさておき、今回はコードの流れの中で「ディミニッシュ・コード」を
うまく使う方法を見ていきましょう。


一番簡単な方法は経過的に使う「パッシング・ディミニッシュ」という手法です。
これは長2度で隣り合ったコードの間にディミニッシュコードを挟む方法です。

例えば
C - Dm
というコード進行に「パッシング・ディミニッシュ」を使うと、
C - C#dim - Dm
このようにディミニッシュコードを挟み、半音進行を作ります。

F - G
というコード進行に「パッシング・ディミニッシュ」を使うと、
F - F#dim - G
となります。


これだけだと簡単ですよね?
実はディミニッシュコードにも代理コードがあります。
この話は長くなるので次回に取っておきましょう。

この「パッシング・ディミニッシュ」は挟むだけなので、今回の演習は無しにします。
実際に音に出して確認だけしてもらえれば十分だと思います。
次回のディミニッシュ代理コードが少し複雑なので、次回のために力を取っておきましょうね。


ではまた次回、おたのしみに〜 (^o^)/~~



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る