ペダルポイント1/メルマガ作曲講座「作曲実践編」

ペダルポイント1


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > ペダルポイント1



さて、今回はちょっとした小技「ペダルポイント」を紹介します。

ペダルポイントとは、あるコード進行の中に一定の持続音を含める方法です。

大きく分けて、低音部を一定に保つ「ベースペダルポイント」と、
高音部を一定に保つ「ソプラノペダルポイント」があります。

それでは1つずつ見ていきましょう。


まずはここから図をダウンロードして下さい。
→図を見る


図1のように、「ベースペダルポイント」は低音部を持続させる方法です。
ベースがずっと「ド」です。

これは厳密に言うと、一定のコード上で構成音やテンションを変化させているだけですね。
ぼくはよく、イントロやAメロでこの方法を使います。


次に図2を見てみましょう。
こちらは高音部を一定に保つ「ソプラノペダルポイント」です。

図の矢印部分に注目してください。
このように、ある1音を保ちながらコード進行させることにより、
テンションを自然に使うことができます。
結構おしゃれな感じになりますよね。



では実践編恒例の宿題です。
以下のコードをペダルポイントを用いて変化させてみましょう。

C - G - Am - F


次回、解答例を書きます。


ではまた次回、おたのしみに〜 (^o^)/~~



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る