ペダルポイント2/メルマガ作曲講座「作曲実践編」

ペダルポイント2


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > ペダルポイント2




さて、まずは前回の宿題の解答例です。

C - G - Am - F

このコードをペダルポイントを使って変化させてみるんでしたよね。

一例を挙げると、こんな例が考えられます。
→解答例を見る


これは「ファ」を持続させたソプラノペダルポイントです。
ここで気を付けることは、コードのボイシング(押さえ方)です。

1小節目「C」と3小節目「Am」は、トップ音が「ミ」になるので、
このままだと「ミ」と「ファ」が半音で重なり、汚い響きになるので、
「ミ」を無くし、Csus4、Amaugとしています。
AmaugはAm(b13)やF(onA)と表記しても良いですね。


このペダルポイントの部分を、ヴォーカルにやってもらうという方法も面白いですね。

ぼくはロック系の曲で、ペダルポイント部分をボーカルがシャウトし、バックのサウンドは
コード変化をしていくという方法を使っていました。
特にエンディングや盛り上がった部分でやるとカッコイイです!



次回は転調の実践をやります。

ではまた次回、おたのしみに〜 (^o^)/~~



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る