転調方法/メルマガ作曲講座「作曲実践編」

転調方法


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 >転調方法



今回は「転調」の実践編第2回です。

転調の理論についてはバックナンバーで解説しているので、
忘れた方は読み返してみましょう。


では前回の宿題の解答例です。
以下のkeyが異なるBメロとサビを、ドミナントモーションを使ってスムーズにつなげてみるんでしたね。

【Bメロのコード進行】
D - E - Cm7 - F#m7

【サビのコード進行】
C - Am - F - G


このコード進行を見ると、Bメロはkey = A、サビはkey = Cとなり転調しています。
それでは、サビの最初のコード「C」にドミナントモーションするコード進行を考えてみましょう。

ドミナントモーションとは完全4度の進行なので、Cへ完全4度進行するコードを逆算すると
「G」になります。
強調するために「G7」としておきましょう。

よってこのようなコード進行が一番簡単な答です。
D - E - Cm7 - F#m7 - G7 - C - Am - F - G


もちろんこれで正解なのですが、何かものたりないですよね?
そこで、この「G7」をツーファイブに分解してみましょう。

すると
D - E - Cm7 - F#m7 - Dm7 - G7 - C - Am - F - G
このコード進行も1つの回答例です。


このようにやり方は何通りもあります。
曲に合わせて一番いい方法を選びましょう。


次回は一時的転調の実践編をやりましょう。

ではまた次回、おたのしみに〜 (^o^)/~~



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る