転調 曲/メルマガ作曲講座「作曲実践編」

転調 曲


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > 転調 曲



今回は「転調」の実践編第5回です。

転調の理論についてはバックナンバーで解説しているので、
忘れた方は読み返してみましょう。



さて、今回は前回の解答です。
key=Cとkey=Fの共通コードを用いて、転調したコード進行を作ってみるんでしたね。


まずは図をダウンロードして下さい。
→図を見る


key=Cのダイアトニックコードは図1の上「C Dm Em F G Am Bm(b5)」、
key=Fのダイアトニックコードは図1の下「F Gm Am Bb C Dm Em(b5)」のようになります。

Key=CとKey=Fの共通コードは「C, Dm, F, Am」ですね。
この共通コードを経由して、Key=Fに転調していけばいいわけです。



これは1つの回答例ですが、図2を見て下さい。

C - Em - F - GまでがKey=C

F - Am - Bb - CがKey=Fです。


この例では共通のコード「F」「Am」と二つの共通コードを使っています。
しかもよく見ると、図2のkey=Cとkey=Fは調が違うだけで、
同じコード進行(I - III - IV - V )です。


共通コードがあるKeyへの転調は、この方法を取り入れてみてはいかがでしょうか?

次回も転調の続きです。

ではまた次回、おたのしみに〜 (^o^)/~~



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る