ギター アルペジオ/メルマガ作曲講座「アレンジ編」

ギター アルペジオ


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > ギター アルペジオ



今回は「ギターその2『アルペジオ』」です。

アルペジオを、DTMでそれらしく表現する方法を紹介しましょう。


まずは図をダウンロードして下さい。
→図を見る



前回は「わからなくなったらギターを弾いている状態をイメージしてください。」

と書きましたが、今回もポイントは同じです。



アコースティックギターでよく聞く奏法に「アルペジオ」という方法があります。

コード構成音を中心に一音ずつ「チャラララ〜」と弾く奏法です(図1)。

バラードなどで切ない雰囲気を出すにはぴったりの方法ですよね。

「これは一音ずつだから打ち込むのも簡単なんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、

これも雰囲気を出す方法があります。



ギターを弾いている状態をイメージして下さい。

一度弦をはじくと、左手で押さえている弦を握りかえるまでは、

弾いた音は鳴っていますよね?



つまり、弾き終わった音をすぐ切るのではなく、

コードが変わるまで伸ばしておきます。

そして次々と音が重なっていくようにします。

これがアルペジオを打ち込む時のポイントです。



その他のポイントとしては、アルペジオ中に9thを混ぜる方法(図2)や

部分的に音を重ねる方法(図3)も効果的です。

いろいろ試してみましょう。



次回はプログレなどでよく使う「オルガン奏法部分的に」をご紹介します。



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る