8ビート(エイトビート)/メルマガ作曲講座「アレンジ編」

8ビート(エイトビート)


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > 8ビート(エイトビート)



今回は「リズム(8ビート)」です。

まずは図をダウンロードして下さい。
→図を見る



リズムを作る際は、ドラムとベースがとても重要な役割を果たします。

ドラムとベースのコンビネーションによってノリを作り出します。

ギターやキーボードを使うとさらに複雑なリズムが作れますが、

基本はドラムとベースです。



今回は8ビートのお話をしましょう。



8ビートとは、8分音符を基本としたリズムです。

ハイハット部分を聞けば、分かりやすいと思います。

そして、バスドラやスネアも、基本的には8分音符単位で作っていきます。



図1を見てください。

上の楽譜がベース、下がドラムです。

ドラム譜は、上のバツ印がハイハット、真ん中(ミの音程部分)がスネア、

下(ラの音程部分)がバスドラを表しています。



基本的にはドラムのバスドラ(キック)とベースのタイミングを合わせるように作ります。

バスドラとベースは、周波数帯がとても近いということもあり、

よくなじみます。



しかし、いつまでもずっと同じではつまらないので、少しずらしてみましょう(図2)。

こうすると、若干ベースの動きが目立ってきますね。



このように、バスドラとベースのコンビネーションでリズムを作っていきます。

図3のようにしてみても面白いでしょう。



今回はちょっと短かったですが、次回は16ビートリズムの話をご紹介します。



→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る