DTMでのベース2/メルマガ作曲講座「アレンジ編」

DTMでのベース2


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > DTMでのベース2



今回は引き続き「DTMでのベース(2)」ついて紹介しましょう。

ベースの打ち込みで大切なものは以下の3つです。



・ベロシティ

・デュレーション

・ロケーション



では一つずつ見ていきましょう。



【ベロシティ】

これは弦を弾く強さです。

8分音符の連続のようなベースフレーズってよく聞きますよね?

このシンプルなフレーズでも、どこにアクセントを置くかによって

ノリが変わってきます。



実際にベースを弾いているようなイメージで打ち込むと

感じがつかみやすいでしょう。



【デュレーション】

デュレーションとは音の長さ、つまり弾いた後どこまで伸ばすかということです。

音の長さによってもノリは変わってきます。



スタッカート気味な弾き方や、テヌート気味の弾き方を組み合わせて

一番気持ちのいいノリにしましょう。

これもベースを弾いているイメージをすればわかりやすいでしょう。



【ロケーション】

どこで弾くかという、音を発するタイミングです。

8分音符の連続ならば、拍の表と裏の部分ですね。

テクノなどはジャストのタイミングでよいのですが、

ベースの生演奏では微妙にずれているものです。



このロケーションを少し前後させるだけで、

走り気味になったり、重い感じのノリになったりします。

いろいろ試してみましょう。



以上をまとめると、結局は「ベーシストの気持ちになって打ち込もう!!」ということですね。

次回も引き続き「DTMでのベース」をご紹介します。


→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る