DTMでのベース4(スライド、ビブラート)/メルマガ作曲講座「アレンジ編」

DTMでのベース4(スライド、ビブラート)


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > DTMでのベース4(スライド、ビブラート)



今回は「DTMでのベース4(スライド、ビブラート)」ついて紹介しましょう。

今回は図無しで。



前回はベース特有の奏法「ハンマリングとプリングオフ」についてお話ししました。

ポイントはピッチベンドを使って、音をなめらかにつなげるんでしたよね?

今回のスライドもやはりピッチベンドを使います。



スライドとはその名の通り、弦の上に指を滑らせて音を「ぎゅい〜ん」と上げたり

下げたりする奏法です。

よくベーシストやギタリストがやっていますよね?



キーボードなどの鍵盤楽器では鍵盤上に指を滑らせてやる

「グリッサンド」という方法がありますが、似たようなものです。

弦楽器はよりスムーズですけどね。



ピッチベンドは通常、半音で2つ分上下できるように設定されていますが、

このレンジ(変化幅)は変更できます。



詳しい設定方法は省略しますが、このレンジを大きくとると、スムーズで大幅な音の上下が可能です。

これもベーシストの気持ちになって打ち込んでみると、感覚がつかみやすいでしょう。



つぎにビブラートです。

ビブラートとは音を揺らす奏法です。

歌でもよくありますよね。それと同じです。



ビブラートはモジュレーションを使うと比較的簡単に表現できます。

あるいはベーシストの気分になって、ピッチベンドで細かくやるという方法もアリです。

これらはリアルタイムで弾きながら録音し、必要に応じて後で編集するという方法が良いでしょう。



次回は「DTMでのストリングス(弦楽器)」をご紹介します。


→わくわく作曲先生「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る