DTMでのストリングス2/メルマガ作曲講座「アレンジ編

DTMでのストリングス2(エクスプレッション)


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > DTMでのストリングス2



今回は「DTMでのストリングス2」ついて紹介しましょう。


ストリングスは弦楽器です。

そのため、打ち込みテクニックは

ギターやベースに近いかもしれません。



ここで、ちょっとバイオリンを弾いている演奏者を

想像してみてください。



バイオリンは弓で弾きますよね。

優雅な曲だとすると、ゆっくりと徐々に音が大きくなっていき、

静かに消えていく・・・

こんな風景が想像できると思います。



これってどうやってキーボードで表現しますか?

キーボードとバイオリンとでは、

楽器の構造が異なりますよね。



ボリュームを動かす?

それも一つの方法でしょう。

でもここでは「エクスプレッション」を使ってみましょう。



エクスプレッションとはボリュームに似ているのですが、

主に音の抑揚を付けるために使います。

細かい音の表情はエクスプレッションで設定し、

ボリュームは他の楽器とのバランスをとるために使います。



では使い方を見ていきましょう。

音をそのまま打ち込むと、単調なので

ストリングスらしくありません。



こういう場合は、こちらの図下の「exp.」にあるように

エクスプレッションを設定します。



こうすれば、なめらかなバイオリンらしい演奏が

表現できるわけです。



次回も「DTMでのストリングス」の続きをご紹介します。



→次を読む「DTMのストリングス3へ」

→「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る