DTMでのギター2/メルマガ作曲講座「アレンジ編」

DTMでのギター2(ボイシング)


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > DTMでのギター2



今回は「DTMでのギター2」です。



DTMへの打ち込みは、鍵盤やマウスで入力することが多いと思いますが、

鍵盤とギターとでは構造が異なりますよね。



キーボードは順番に一音ずつ並んでいるのに対して、

一般的なギターは6本の弦で並んでいます。



開放弦(弦を押さえていない状態)では、音の低い弦から

「ミ、ラ、レ、ソ、シ、ミ」と並んでいます。

そのためキーボードでは簡単に弾けるコードが弾けなかったり、

複数の弦を押さえたときに、音が重複することもあります。



このようにキーボードとギターでは構造が異なるため、

ギターを打ち込む時には、そのことを少し意識しましょう。



ではどうすればいいのでしょう?



細かく説明するとメルマガだけでは紹介しきれないので、

ここでは、簡単な方法を紹介します。



ギターのコード弾きを打ち込むならば

ドロップ2かドロップ3のボイシングがオススメです。



ドロップ2とは図のように、上から2音目を

1オクターブ下げたボイシングです。


ドロップ3は3音目ですね。


こうすることにより、ギターのボイシングに近づけることができます。



ギターの弦は6本ありますが、6つ全部打ち込むと音がクドくなる場合もあるので

4和音くらいでも十分です。

これは曲調を考えて判断してください。



ただ、これだけでは弦らしくないので、「ジャラ〜ン」という感じを出すために

微妙に音が鳴るタイミングをずらすように打ち込みましょう。



ダウンストロークでは「低→高」、アップストロークでは「高→低」にした方が

よりリアルになります。

試してみてくださいね。



ちなみにギターとベースの楽譜は実音より1オクターブ高く記載されているので

注意して下さい。

打ち込むときには1オクターブ下げましょう。



次回も引き続き「DTMでのギター」をご紹介します。



→次を読む「DTMでのギター3へ」

→「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る