DTMでのギター4/メルマガ作曲講座「アレンジ編」

DTMでのギター4(チョーキング)


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > DTMでのギター4



今回は「DTMでのギター4」です。


今回はチョーキングを紹介しようと思います。



これもギターなど「弦楽器特有」の弾き方ですね。

ギターソロを打ち込むには必須の技術です。



では今回も「チョーキングって何!?って人のために

簡単に説明しますね。



ロックギタリストがギターソロを弾いているところを想像してみてください。



チョーキングとはピッキングした後に、弦を上げたり下げたりして

ピッチ(音程)を変化させる奏法です。

音をなめらかにつなげる「スラー」にも使えますね。



前回の「ハンマリング」「プリングオフ」は瞬間的に音が変化したのに対して、

チョーキングはなめらかに変化します。



これをキーボードで打ち込むには、やはり「ピッチベンド」を使います。



図では「レ - ソ」となっていますが、打ち込むMIDIデータでは

「レ ー ファ」と打ち込み、ピッチベンドで「ファ」を「ソ」まで

なめらかに持ち上げます。

「ファ」から「ソ」までは半音で2つなので、ピッチベンドは「+2」上げます。



こうすることでチョーキングのニュアンスが出せます。

ピッチベンドを動かすスピードはいろいろ試してみてください。



ちなみに曲のラストなどでギタリストがよくやる「スライド(グリッサンド)」も

同じ方法で表現可能です。

この場合はベンド幅を「12」くらいに大きくとり、一気に下げましょう。

こうすることでエンディングらしい「スライド」を表現できます。



次回も引き続き「DTMでのギター」をご紹介します。



→次を読む「DTMでのギター5へ」

→「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る