作った曲をCDやMP3に仕上げる方法/メルマガ作曲講座「完成編」

作った曲をCDやMP3に仕上げる方法


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > 作った曲をCDやMP3に仕上げる方法



今回から「完成編」です。


これまでの知識を使って曲が出来上がったとすると、次は何をしますか?

歌詞がまだなら作詞、そしてバンドならばバンドで合わせてみることも必要でしょう。

でも最終的には「CD」や「MP3」などにしたいですよね?



この完成編では、レコーディング後、CDやMP3に仕上げる方法を紹介します。

一昔前ならばスタジオ、技術者、高価な機材などが無いと

CDレベルにするのは難しかったのですが、

今では個人でもパソコンで出来るようになりました。



もちろん波形編集など出来るDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)ソフトや

音ネタをパソコンに取り込む機械は必要ですが、個人でも十分購入出来る価格です。



レコーディングした音ネタをパソコンに取り込んで編集すれば、

CDやMP3のできあがりです。

ただし、各楽器の音量を調整しただけでは、

市販の曲には程遠い仕上がりになってしまいます。




僕もその昔、DAWソフトを知らずにそのままCDにしていましたが、

やはり「しょぼい」音でした。

「プロとは機材が違うから仕方ないな」くらいに思っていましたが、

今思えば、機材以上に「知識と技術」が無さすぎましたね(苦笑)



では具体的にどうすればいいのか!?



それは次回から紹介していきます。



→次を読む「コンプレッサーへ」

→「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る