コンプレッサー/メルマガ作曲講座「完成編」

コンプレッサー


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > コンプレッサー



さて、曲が完成してレコーディングも済ませ、パソコンでCDやMP3にしてみました。

でも、やはり何か物足りません。

市販の曲と続けて聴くと、音量もかなり小さいです。

可能な限り最大の音量で録音したにもかかわらず・・・。



こんな経験はありませんか?

この現象を解消するには「コンプレッサー」を使って音を圧縮します。



どういうことかというと、最大の音量で録音したと言っても

これは「曲の中で一瞬だけ鳴る、最も大きな音」を基準にした状態です。

それ以外の小さな音部分は、最大値まではまだ余裕があります。

これが音が小さく聞こえる原因です。



ではどうすれば良いのかというと、小さな音も最大値に近づければ良いわけです。

その手段として「コンプレッサー」を使います。



まず「コンプレッサー」で音を圧縮し、

一番大きな音と小さな音をできるだけ平均化します。

ギュッと押しつぶす感じですね。

そうすると「一番大きな音」と「小さな音」の差は少なくなります。



それでは音量が小さくなるじゃないかと思われますが、

この圧縮した状態でボリュームを上げ、最大値へ近づけます。

すると「小さな音」も、圧縮前よりは最大値へ近づいていますよね。



結果的に、曲全体の音量平均値は上がるわけです。



次回はコンプレッサーの機能を詳しく見ていきましょう。



→次を読む「コンプレッサーの機能へ」

→「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る