コンプレッサーの機能/メルマガ作曲講座「完成編」

コンプレッサーの機能


わくわく作曲先生♪トップページ作曲ノウハウ > 作曲87の法則 > コンプレッサーの機能



さて、今回はコンプレッサーの機能について紹介しましょう。

コンプレッサーは大きすぎる音を圧縮して、音量を平均化することができます。

これをうまく使うと、曲の音量を稼ぐことができます。

では具体的にどういう方法を使うのでしょうか?



●スレッショルド

音を圧縮する場合、全てを圧縮するのではなく

大きい音だけを圧縮してほしいですよね。

「スレッショルド」とは、ある一定のレベルを超えた音だけを圧縮する、

「ある一定のレベル」の値のことです。



「出る杭は打たれる」みたいですね。

目に付いた物だけを攻撃します(笑)



結局は、圧縮を開始する「レベル(音量)」のことです。



●レシオ

圧縮比です。

つまりどのくらい圧縮するのかという比率ですね。

「2:1」ならば半分、「3:1」ならば3分の1に圧縮します。

もちろんスレッショルドを越えた音をです。



●アウトプットゲイン

音を圧縮すると、ピークの音量は下がります。

言い換えると、最大値までの余裕ができるわけです。

余裕ができた分、ボリュームを押し上げましょう。

どれだけ上げるかという値が「アウトプットゲイン」です。




●アタックタイム

圧縮がかかるまでの時間です。

音量を稼ぎたいのであれば、ここは最短にしましょう。



●リリースタイム

圧縮を解除するまでの時間です。



次回は、音質を調整する方法を紹介します。



→次を読む「イコライザー(EQ)へ」

→「作曲87の法則 」目次へ戻る

→わくわく作曲先生「トップページ 」へ戻る